Amazonへの細かい質問がタブーなワケ

Amazonへの質問は3行以内で3秒で理解できる文書を作って質問する必要がある。

アマゾンへ細かい質問はタブー

マニュアルやガイドラインに書いてあることを確認するのはタブー。

※日本Amazonしか使っていない情報発信者はアマゾンへの細かい確認を推奨しています。これを真に受けてマメに質問すると高い確率で垢BANされます。

その理由は、時間の掛かるケースに対応してしてはサポーターが解雇されるからです。

Amazonの従業員の待遇

従業員の固定は「凡庸への道」──。アマゾンで幹部を長年務め、同社倉庫における労務管理の原型を作り上げたデビッド・ニーカークによれば、これがベゾスの信念だった。

ベゾスは「人間は本質的に怠惰だ」と確信していた、とニーカークは証言する。

「欲しいもの、必要なものを手に入れるのに最小限のエネルギーで済ませようとするのが人間。これがベゾスの考え方だった」(ニーカーク)。

簡単かつ瞬時に注文できる仕組みからデータの幅広い活用に至るまで、こうしたベゾスの信念がアマゾンのビジネスの隅々にまで埋め込まれている。

アマゾンは1週間に約3%の時給労働者を失っており、これは、年間約150%の離職率

アマゾンでは新型コロナウイルス関連の休職から復職しようした従業員が誤って解雇されている。

ある女性は重症になった夫への傷病手当金が停止されパニックに陥った。

生産性の低い日が1日あっただけで解雇された従業員もいた。

バックオフィスで労務管理業務に携わっていたダンジェロ・パディリャは、理由もなく従業員が解雇されるケースをたくさん見てきたと話した。

「そういった状況は毎日目にした」とパディリャ。

作業の手を休めている時間「タイムオフ・タスク(TOT)」が目立つので解雇

このような状況で、面倒な細かい質問をすることはストレスを溜めた従業員が腹いせにあなたのアカウント削除をするリスクが高い。